高卒 女性向け就職サイト

*

就職したい高卒女性の方へ

現在フリーターをしているという高卒女性は少なくないと思います。というのも、女性高卒フリーターというのは実はフリーターの中でも多数派です。

学歴別にフリーターの割合を見ると高卒が最も多く、さらに男性より女性の方が多いですから、フリーターの中で最も多いのは高卒女性という事になります。

そんな女性高卒フリーターの方は、どうしてフリーターとなってしまったのでしょうか。

  • 高校卒業までに就職先が決まらなかった
  • 高校を出て新卒で就職したがすぐ辞めてしまった
  • 大学を中退してそのままフリーターになった
  • やりたい事があってあえて正社員就職しなかった
  • いつか結婚するから就職しなくてもいいと思った

など、人によって様々な事情があると思います。

また、中には現在バイトすらせず、引きこもりやニートとなってしまっている人もいるでしょう。

単に「働きたくないから」という理由の人もいるとは思いますが、それ以外にもうつ病などの精神疾患を患ってしまったり、家族の介護のためといったように、ニートと呼ぶには気が引ける境遇の人もいるでしょう。

こうした事情がある場合は今すぐ働き始めるのは難しいでしょうし、またきちんとした理由があってあえてフリーターでいる人もしばらくはこのままでいいとは思います。

ただ、正社員就職しない理由が特にないのに就職していない人や、本当は就職したいのに就活が上手くいかなくてやむなくフリーターを続けている人は、早く就職を決めてフリーターを卒業したいと思っているはずです。

当サイトではそうした就職を目指す高卒女性フリーターをはじめ、高校を卒業してから一度も就職していない既卒者や脱ニートを目指す高卒女性に向けて、正社員就職するために役立つ情報を色々とご紹介していきます。

高卒フリーターが大卒より就職に不利なのはどうして?

高卒は大卒や短大・専門卒に比べて就職が不利という事をよく聞きますよね。実際に就活してみてそれを痛感した方も少なくないでしょう。

どうして高卒の就職が不利なのかと言うと、一言で言ってしまえば応募条件に「大卒以上」を掲げる企業が多いからです。

フリーターや大学中退、既卒、ニートは当然新卒とは違いますから、企業に応募する際は中途採用枠となります。そしてこの中途採用では応募条件に最終学歴が関係してくるんですよね。

先ほど言ったとおり、中途採用の求人を見てみると応募条件に「大卒以上」と記載されている企業が多いです。大卒以上と定められてしまうと、高卒は応募すらすることが出来なくなります。

同様に短大・専門卒以上といった求人にも応募できなくなります。高卒が応募できるのは「高卒以上」もしくは「学歴不問」の求人だけです。

つまり、高卒だと応募できる求人が限られてしまい、選択肢が大幅に狭められてしまうんです。

一方、大学を卒業した人は大卒以上の求人はもちろん、短大卒以上や専門卒以上、そして高卒以上や学歴不問の求人も当然応募する権利がありますから、選択肢は非常に広くなります。

こうした違いが高卒が大卒より不利と言われる所以なんですね。

高卒フリーターは「学歴不問・未経験歓迎の求人」を狙うべき

しかし大卒より不利とは言っても、高卒フリーターで就職を成功させている人はたくさんいます。なので「高卒だからもう就職は無理かも」と諦めてかけているとしたら、全く諦める必要はありません!

とはいえ高卒ということに加え、フリーターやニートからの就職という点でも正社員からの転職組に比べて不利になるため、就活の方法は考える必要があります。

高卒のフリーター、既卒、ニートからの就職で重要になるのは、学歴不問・未経験歓迎の求人を探すことです。

学歴不問という点は分かりますよね。要は大卒にこだわらず、間口を広げて募集している企業を選びましょうという事です。

そして未経験歓迎についてですが、これはフリーターやニートからの就職では重要なポイントとなります。

というのも、中途採用ではむしろ学歴よりも職歴の方が重要になります。しかしフリーターの多くは職歴としてアピールできるほどの正社員経験を積んできていないはずです。

中途採用を考えている企業の多くは即戦力を求めています。そのため同じ仕事の経験がある経験者を優先的に採用しようとするんですね。

しかし20代でフリーターやニートとなっている人は、高校を卒業してから今まで正社員として働いた期間は短いか、ゼロだと思います。そしてバイト経験は職歴にカウントしてもらえないため、多くの場合は未経験として扱われてしまうんです。

経験者を求める求人に未経験者が応募しても、経験者として応募してくる他の応募者に勝てる見込みは薄いですよね。これもフリーターからの就職を難しくする要因の一つとなっているんです。

ところが企業の中には経験者ではなく、未経験の人を積極的に採用しようとする所もあるんです。なぜなら未経験者には未経験者の魅力があるからです。

  • まだどこの企業の色に染まっていないので、素直で教育しやすい
  • 若いうちから育てることで長く活躍してくれる
  • 勤務意欲が高くやる気がある
  • 応募者が集まりやすい・内定辞退のリスクも低い

未経験採用にはこうしたメリットがあるため、あえて未経験者を採用したがる企業もいるということです。これなら高卒フリーターやニートにも採用のチャンスはありますよね。

ということで、高卒のフリーターや既卒、ニートの人は学歴不問・未経験歓迎の求人を探すことが重要なポイントとなります。

未経験で就職するなら20代のうちが勝負

ただ、未経験採用には年齢が大きく関係してきます。ずばり言うと、20代の若い人材じゃないと未経験採用はしてもらえません。

先ほど挙げた未経験者の魅力を見てもらっても分かるとおり、未経験者はじっくり育てていきたい、そして長く活躍してほしいという事を期待されています。

しかし30代、40代で一から教えるとなると、一人前になってから定年までの期間が短いですよね。20代の方が一人前になってから活躍してくれる期間が長くて「お得」なんです。

さらには若い方が覚えが良いという理由もあります。若いと頭が柔らかくて教えたことをスポンジのように吸収してくれますが、歳をとるにつれて覚えが悪くなり、さらにはプライドも高くなるので教えづらくなります。

それに30代以降になると、先輩社員や上司の方が年下というケースも起こり得ます。プライドの高い人だと年下の上司に刃向ってくることもありますし、上司側としても年上の新人というのは扱いづらいものなんですよね。

もっと言うと、単に若い人材が欲しいだけの企業もあります。本当は新卒を入れるつもりだったのに確保できなかったとか、会社全体の平均年齢を引き下げるために若い人を採用するケースもあるんです。

こうした事情があるため、未経験者を歓迎している企業のほとんどは20代までの人を想定しています。30代以降はNGとなってしまうことが多いんですね。

中には35歳くらいまでなら未経験可としている会社もありますが、非常に稀です。それに35歳まで応募可なだけで、23歳の人と35歳の人ならやはり23歳の方が有利になる事は間違いないでしょう。

ですから未経験就職は20代のうちが勝負です。つまり、フリーター・既卒・ニートからの就職も20代のうちが勝負!ということになりますね。

20代フリーター向け就職支援サービスを活用しよう

就活する際、学歴不問・未経験歓迎の求人情報だけを集めるのは大変ですよね。それに、就活慣れしていないフリーターだと履歴書の書き方や面接対策、企業選びなどで苦労すると思います。

そんな高卒フリーターや既卒者、ニートの方におすすめなのが、フリーター・第二新卒・既卒・大学中退・ニートといった人向けの就職支援サービスです。

こうした就職支援サービスの多くは20代の若年層を対象としていて、20代の若者が欲しい企業と、就職先を探す高卒フリーターとをマッチングしてくれます。

フリーター向け就職支援サービスの最大の特徴が、未経験OKの求人ばかり扱っているということ。

職歴を問われないので、フリーターやニートでも応募しやすいんです。また高卒でも応募できる高卒以上の求人もたくさん見つかります。

一般の転職エージェントでは高卒フリーターが応募できない求人も多いですよね。高卒フリーターだと登録しても全く求人紹介してもらえない所も少なくありません。

フリーター向けの就職支援サービスなら高卒フリーター・ニートにもチャンスが広がっているんです。

さらには履歴書の添削や面接対策・フィードバック、適職診断やカウンセリングなど、様々な就活サポートも受けられます。就活慣れしていない方にとってとても頼りになります。

20代の高卒フリーター・既卒・大学中退・ニートの女性にとって、こうしたフリーター向け就職支援サービスの利用は欠かせません。無料で利用できるので、就活の際にはぜひ活用していただきたいですね。

当サイトではおすすめの就職支援サービスもご紹介していきますので、どのサービスを利用しようか迷ったときにはぜひ参考にしてみてくださいね。

女性フリーターの就職で考えたいこと

女性は就職を考えた時、結婚や出産のことも一緒に考えなくてはいけませんね。

女性の働き方とこうしたライフイベントは密接に関係しています。結婚を機に退職したり働き方をシフトする女性は多いですし、仕事を続けるにしても出産の際には産休・育休が必要になります。

どんな会社でも結婚しても家庭と両立しながら働いたり、妊娠中も出来る範囲で仕事を続けたり、子育てが始まってからも育児と両立しながら働けるのなら、何も心配することはありません。

しかし、残念ながら世の中には女性の働き方に理解がない企業もたくさんあるんですよね。女性が働く環境が整っていなかったり、マタハラを受けて退職せざるを得ない状況に追い込まれる場合だってあります。

ですから今後長く勤めていける会社に就職したいなら、会社選びの際には「女性の働き方に理解のある会社」という視点も必要になってきます。

これは将来結婚・出産したいと思っている女性はもちろん、今のところ結婚の予定は無いという女性も考えておくべき問題です。

将来どうなるのかなんてことは誰にもわかりません。今はそのつもりが全く無くても、明日運命の出会いがあって3ヶ月後にスピード結婚する確率だって無くはないんです。

そしてもし結婚したら専業主婦になるつもりだったとしても、結婚相手の稼ぎが悪かったり病気で働けない人だったとしたらあなたが稼がなくてはいけません。そうなったら当然女性の働き方に理解のある職場の方が働きやすいですよね。

また「結婚してから働きやすい職場に転職するからいいや」とお考えの方もいるかもしれませんが、32歳で結婚したとしたら30代での転職となりますよね。30代女性の転職は大変ですよ。

なので出来れば20代の今のうちに、この先もずっと働きやすい会社を選んでおくのが理想です。

他にも給料や勤務地、残業の有無、仕事内容など色々とこだわりたい条件もあると思うので、すべての条件を満たす職場を探すのは大変かもしれませんが、それでも仕事選びの際は決して忘れないでいただきたいポイントですね。

就職支援サービスを利用すれば、企業に直接聞きにくいことも代わりに質問してくれます。産休・育休の取得実績や、育児中の女性も活躍している職場なのかといった事を質問してみることで、女性が働きやすい職場かどうかの判断材料になります。

高卒女性フリーターの就職では、こうした「女性が働きやすい職場」という条件も考慮しながら職場選びをしてみてくださいね。