大学中退は就職に不利?
高卒 女性向け就職サイト > 大学中退者の就職 > 大学中退は就職で不利になる?

大学中退は就職で不利になる?


大学を中退する理由は人それぞれだけど…

何らかの事情で大学を中退してしまう人って結構いますよね。

  • 家庭の事情や経済的な理由で辞めざるを得なかった
  • 単位が足りなくて留年した
  • 別の学校に転学した
  • 友達ができず辛かった
  • 在学中にやりたい事ができた
  • 病気や怪我で通えなくなった
  • 結婚や妊娠・出産のため

など、人それぞれに色んな理由があったと思います。

特に多いのは経済的な理由でしょうか。両親の離婚や父親のリストラなどで家計が苦しくなって学費が払えなくなったとか、親が亡くなって兄弟の面倒を見なくてはいけなくなった、今すぐ働いて家計を支えなくてはいけなくなったといった理由がありますね。

また自分で学費から生活費まですべてまかなっていた場合も、バイトとの両立が難しくなって学費を捻出できなくなるといった事もあるでしょう。

他にもいじめられて引きこもりになったとか、バイトに夢中になり過ぎて学業がおろそかになってしまったなど、中退理由には色々あると思います。

しかし大学を中退した事で、色々な弊害が出てきますよね。そしてその最もたるものが「就職に不利になる」ということではないでしょうか。

大卒と大学中退の就職における差とは

大学を途中で辞めてしまうと、大学を卒業した人が得られる「大卒」の肩書きを手に入れることができません。これは就職に大きな影響を与えます。

大学を中退したら最終学歴が大学ではなくなるため、多くの人は「高卒」になると思います。大学を中退する前に専門学校や短大を出ているとか高専に通っていたのなら別ですが。

そして高卒になると、大卒とは大きな差が生まれます。その差というのは初任給の違いや出世の早さといったところに現れるのですが、特に差がつくのが就活の時でしょう。

企業に応募する際、応募条件というものがありますね。

  • ○○資格所有者
  • ○○のソフトが使える方
  • ○○経験3年以上

といったように、特定のスキルや経験を持った人を募集するため指定されている条件の事です。こうした条件が設定されている求人の場合、条件を満たしていないと応募することができません。

そしてこの応募条件でよくあるのが、大卒以上という条件なんです。

大卒以上の他にも専門卒以上、短大卒以上などといった条件もあり、そうした条件の場合も大卒は応募できますが高卒は応募できません。

こうした学歴で線引きされることは非常に多く、高卒者は大卒者に比べて明らかに応募できる求人数が少ないんです。応募できる求人の数は多い方が有利に決まっていますから、こうした所で高卒は大卒より不利になってしまうという訳なんですね。

その上大学中退した高卒の場合、元々大学に進学しなかった高卒に比べて「大学を途中で辞めた」という点で心証が悪くなるリスクも生まれます。

大学中退の理由は、冒頭でも触れたとおり人それぞれで異なりますよね。やむを得ない事情で辞めた人もいれば、正直首をかしげたくなるような理由で辞めた人もいます。

中退したことについてどう捉えるかは採用担当者によって違いはありますが、

  • 意志が弱くて辞めた
  • 考えが甘い
  • 逃げ癖、辞め癖がある

と思われる可能性も否定できないという事です。

採用担当者を納得させられる理由がある場合は直接説明すればいいのかもしれませんが、それは面接まで辿り着けたらの話です。書類選考で落とされたらその機会も与えられません。

このように、応募できる求人が大幅に減ること、そして大学を中退してしまった事に対して悪いイメージを持たれてしまうリスク。

この2つのことを考えると、大卒に比べて大学中退者が就職に不利になるということがお分かり頂けると思います。

大学中退でも採用してくれる会社はある?

しかし、確かに大学中退した人が大卒の人より不利になるとはいっても、大学中退でも就職することは十分に可能です。諦める必要はありません。

ではどうやって就職先を見つけたらいいのかというと、

  • 学歴・職歴以外のところで評価してくれる企業
  • 20代の若年者を求める企業
  • 未経験歓迎の企業

こうした企業からの求人を探してみましょう。

学歴重視の企業だと大学中退は正直厳しいですが、世の中にはそこまで学歴を重視しないという企業もたくさんありますから、大学中退の人はそうした企業を選ぶといいですね。

また、職歴・経験は気にしないから若い人材が欲しいという企業もたくさんあります。そうした企業も大学中退はそんなに影響しないため狙い目です。

そしてこのような企業からの求人を探すには、専門の就職支援サービスを活用するのがおすすめです。

就職支援サービス・転職エージェントにも色々ありますが、大学中退者が就職先を探すなら、フリーター・第二新卒・既卒を対象にした就職支援サービスを選びましょう。

  • DYM就職
  • ハタラクティブ
  • ジェイック

これらはいずれも20代のフリーター・第二新卒・既卒者向けの就職支援を行っています。若年者向けということでサポートの対象は20代までとなっていますが、20代なら28歳、29歳でも利用できます。

こうした就職支援サービスではやる気やポテンシャルを重視している企業からの求人が主となっているため、学歴はあまり重視されません。高卒、中卒でもOKという企業の求人もあるので、当然大学中退でも大丈夫です。

中でもDYM就職は書類選考なしで面接をセッティングしてくれるというのが特徴となっています。書類選考なしなら大学中退でも引け目を感じることなく自信を持って面接に挑めますね。

またジェイックも書類選考はなく、こちらは集団面接会に参加して同時に複数の企業と面談できるという特徴があります。面接会に参加する前には就活講座があるため、ビジネスマナーなど就職に必要な知識を身に付けられるというメリットもあります。

ご紹介した就職支援サービスはすべて無料で利用できますから、気になる方は気軽に相談してみてはいかがでしょうか。



キーワード