大学中退のフリーター・ニート
高卒 女性向け就職サイト > 大学中退者の就職 > 大学中退 女性フリーター・ニートは就職出来ない?

大学中退 女性フリーター・ニートは就職出来ない?


大学中退のフリーター・ニートは正社員になれない?

大学を中退してそこからフリーターやニートになってしまった人は、この先もう正社員就職できないんじゃないかと心配になっているのではないでしょうか。

フリーター、ニートというだけでも就職が難しそうなのに、そこに「大学中退」という肩書きまで追加されてしまうとさらに就職に不利になる気がして、もう就職は絶望的だと思っている人もいるかもしれません。

果たして大学中退の女性フリーター・ニートは本当に就職できないのでしょうか。

大学中退が就職に不利になる理由

まず大学中退が就職に与える影響から考えてみましょう。

大学を途中で辞めた、卒業前に退学したということは、大学に進学する前に卒業したところが最終学歴になります。大半の人は高校になると思いますから、そうすると大学中退者のほとんどは高卒になるという事になります。

高卒が大卒よりも就職で不利になるというのは何となく分かりますよね。

  • 応募できる求人が限られる(応募条件が大卒以上だと応募できない)
  • 学歴重視の企業だと大卒に勝てない
  • 入社後も待遇に差がある

といったところで高卒の方が不利、大卒の方が有利になります。特に応募できる求人の選択肢が狭まるのは大きな弊害と言えるでしょう。

大学中退者は高卒扱いとなるため、こうした高卒のデメリットをそのまま被ることになります。

その上大学を中退しての高卒の場合、大学に通っていた期間がある分高卒の人よりも歳をとっています。2年通った後中退したとしたら、最初から高卒の人よりも社会に出るスタートが2年遅れるという訳です。

20代にとっての1年は貴重です。少しでも若い方がそれだけ就職に有利になりますからね。なので下手をすると高卒よりも不利になる可能性すらあります。

フリーター、ニートが就職に不利になる理由

次に、フリーターやニートが就職に不利になる理由について考えてみましょう。

フリーターやニート・無職だと採用されにくくなる理由は、正社員の経験が少ない・全く無いというのが大きいです。

新卒時は学歴や在学中の成績などで判断されますが、中途採用では職歴や持っているスキルなどが判断材料となります。経験者が有利になるのはその仕事に役立つ経験やスキルがあるからです。

しかしバイト経験は基本的に職歴とみなされませんから、応募する正社員求人がバイトと同業種ならともかく、関連性のないバイト経験は評価の対象外となってしまうんです。

なので正社員で働いてきた人に比べ、職歴にならないバイトをずっとしてきたフリーターやバイトすらしていなかったニートは低評価になってしまうんですね。

またフリーターやニート・無職は職歴の面でプラスにならないどころか、その肩書き自体のせいでマイナスの印象を与えてしまいます。

フリーターやニートをしていた理由は人それぞれですし、中にはやむを得ない理由がある人もいるでしょう。事情を話せば同情してくれることもあるかもしれません。

しかし一般的には、

  • ふらふら遊んでいた
  • 無計画
  • 不真面目

といったイメージを持たれてしまうため、どうしても採用の場では不利になってしまうんですよね。

さらに、企業は空白期間を嫌がるものです。働いていない期間が長いと再就職した際に社会生活に慣れるのに時間がかかる人もいるし、単に怠けていたのであれば勤務意欲が低いのだと思うからです。

また就職活動が長引いて空白期間が長くなる人もいますが、それはそれで「どこにも採用してもらえないような問題のある人」と思われて採用を渋られる可能性があります。

あとは病気や精神的な問題で働けなかった場合も、また働けなくなるかもしれないというリスクを避けるため採用を見送られるケースもあります。

ですからニートや無職の期間が長い人は、フリーター歴が長い人よりもずっと就職に不利になります。

大学中退でもニートでも就職できる!

このように大学中退、そしてフリーターやニートというのは就職に不利になる要素がいくつもあります。

そのため大卒で正社員として働いてきた人が転職するのに比べると、大学中退フリーター・ニートが就職するというのは難しいと言わざるを得ません。

しかし、だからといってもう就職できないなんてことは全くありません!

企業の中には学歴も職歴も問わず、正社員経験がないフリーターやニートでもOKという企業もあるんです。そうした企業を見つけることができれば、大学中退のフリーターやニートでも正社員就職は可能です。

ではなぜそんな企業があるのかというと、中途採用するにあたってどんな人材を求めているのかは企業によって異なるからです。

中途採用では、一般的には先ほど説明したような理由から経験者を優遇する企業が多いですし、学歴も大卒以上とする企業も数としては多いです。

しかし中にはそうした点よりも、本人のやる気やポテンシャル、年齢に重きを置いている企業もあります。その場合は例え中卒だろうと社会人経験無しだろうと、頑張って働いてくれそうな若い子ならOKとなることもあるんです。

ですから大学中退のフリーター・ニートの人が就職を目指すなら、そうした理解のある企業をいかに見つけることができるかどうかが就職成功するためのカギとなるでしょう。

大学中退のフリーター・ニートが就職するには

ではそうした大学中退・フリーター・ニートでも採用の可能性がある企業を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか。

高卒以上・学歴不問といった大卒以外でも応募可能な求人や、職歴不問で未経験OKといった求人は、フリーター・第二新卒・既卒・大学中退の20代求職者を対象にした就職支援サービスで見つけることができます。

  • DYM就職
  • ハタラクティブ
  • ジェイック

こうした若年者向けの就職支援サービスでは、未経験OKの求人を豊富に扱っています。そのため経験が無くても大丈夫なんです。

また20代の若手が欲しいと思っている企業ばかり集まっているため、過去にフリーターやニートだったとしても、これからきちんと働いてくれそうと思ってもらえれば採用の可能性は充分にあります。

そもそもこうした就職支援サービスに求人を出している時点でそういった点には理解のある企業がほとんどなので、他の一般的な転職エージェントや求人サイトで見つけた企業よりは採用の可能性も高くなります。

さらに登録者は求人紹介だけでなく面接対策や履歴書の添削、カウンセリングなど、様々な就活サポートを受けることが出来ます。一人の力だけで就活するよりも成功率がアップするんです。

実際にDYM就職もハタラクティブもジェイックも、利用者の就職成功率は高いです。

「大学中退だとどこも採用してくれないかな…」
「ニートだから就職は無理かな…」

と悩んでいた人も、こうした就職支援サービスを利用して就職に成功しています。一人で思い悩んでいる人は、就職のプロの力を借りて正社員就職に向けて頑張ってみてはいかがでしょうか。

登録・利用ともに無料ですから、まずは気軽に相談してみるといいでしょう。複数のサービスを同時に利用することもできますよ。



キーワード