ニート向け就職サイト

女性ニート向け就職サイト


ニート期間が長引くほど就職したくなる

  • 勤めていた会社を辞めてから再就職せずにいる
  • 学校を卒業してから一度も就職したことがない
  • たまに日雇いのバイトをするくらいでほぼ無職

など、働けない理由はないのに働いていない高卒ニートの方も結構いるのではないでしょうか。気が付けばニートになっていた…という方もいるかもしれません。

最近はニートの高年齢化が進み30代以降のニートが増えていますが、やはり20代ニートも一定数います。もはやニートは珍しい存在ではなくなりました。

ニート生活を送っている方は基本的に家にいることが多いと思います。引きこもりと言う程一切外出しない訳ではなくても、出掛けたら何かとお金がかかるので自然と外出頻度は減るでしょう。

仕事をしないで家にいるのは楽かもしれませんが、精神的にはかなり辛いものがありますよね。

なので最初はダラダラできて楽だなと思っていた人も、ある程度ニート生活が続くと「いい加減就職しなきゃダメだ」という気持ちになってくると思います。

それに収入がなくなると当然お金も無くなりますから、金銭的に苦しいという理由で就職したくなるニートの方も多いと思います。

あとは家族からの就職しろ就職しろという圧が強まってきて居心地が悪くなったから早く家を出たいという理由で就職したくなる方もいるでしょう。

このようにニート生活が長引くにつれて、理由は人それぞれですが「正社員就職したい」「ニートを抜け出したい」という気持ちが強まってくると思います。

しかしそうやって就職を決意したのはいいものの、実際に就活を始めてみると全然上手くいかなくて挫折してしまう方もいます。

ニートからの就職は、新卒の時や正社員から転職する時のようにはいきません。書類選考だけで落とされてしまうことも多く、何十社も落ち続けることも珍しくありません。

ニートでも会社からの需要はある

せっかく頑張って就活しても、全然受からなくて落ちてばかりだと「やっぱりニートからの就職なんて無理なんだ」と思ってしまうかもしれません。

しかし、20代高卒ニートを採用したいと考えてくれる会社はあります。ニートだからってどこの会社も雇ってくれないなんてことはないんです。

今は新卒者の争奪戦が激しく、新卒の若い子が欲しくても確保できなくて困っている会社がたくさんあります。そうした会社が目を付けているのが第二新卒・既卒の人達です。

ニートの中にも第二新卒や既卒に当てはまる方はいますよね。学校卒業後に就職してすぐ離職した、もしくは一度も就職していない人です。

そうした人達は新卒者と同じような扱いで採用してもらえる可能性があります。新卒と同等ということは経験は求められないので、職歴が無くても問題ありません。

そして職歴が無くても気にせず採用してくれる会社があるということは、例え第二新卒や既卒には当てはまらないニートでも採用される可能性はあるという事です。

職歴関係なく採用して育てていこうという場合は、若い人が求められます。新卒と同じ22歳、もしくは23歳~25歳くらいのニーズが高いです。

そうなると27歳、28歳と歳を重ねてしまったニートはもう出る幕がないんじゃないかと思ってしまうかもしれませんが、会社によっては20代後半でも若手として扱ってもらえますから、20代ならまだまだチャンスがあるんですね。

ですから今まで落ち続けてきたというのは、応募する求人選びが間違っていたんです。職歴重視、即戦力重視の求人に応募しても無職期間の長いニートは採用してもらえません。

20代ニートでも、職歴は関係ないから若手の新人が欲しいと考えている企業からはニーズがあります。

女性ニート向けのおすすめ就職支援サービス

ではそうした20代高卒ニートを求めている企業はどうやって探せばいいのかと言うと、ニート向けの就職サイトです。

ニートの人も対象として就職支援を行うサービスを利用すれば、ニートでもいいから欲しいという企業からの求人がたくさん見つかります。

ニートにおすすめの就職支援サービスといえば、

DYM就職

がおすすめですね。

DYM就職はニート、フリーター、第二新卒、既卒といった人に向けた就職支援サービスです。扱う求人は未経験OKの求人ばかりなので、職歴なしのニートの方でも応募できる求人がたくさんあります。

そしてDYM就職では書類選考がありません。条件に合う会社と直接面接をセッティングしてくれるので、こちらがニートでもそこを理由に落とされるということが無くなります。

ニートだと書類選考を通過すること自体難しいので、このように企業と直接引き合わせてくれるのはとても助かりますよね。あとは面接でやる気や人柄をアピールすればいいんです。

DYM就職では面接対策も行ってくれるので、面接に自信が無くても大丈夫。しっかりと対策した上で面接に臨むことができます。

登録すればコンサルタントが親身になって就職をサポートしてくれますから、ニートを脱出したい方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

ニートの方にとって、「誰かと一緒に就活する」ということはモチベーションアップに繋がりますよ。

DYM就職は東京、大阪、福岡、札幌、名古屋に拠点があります。それ以外の地域でも電話などでサポート可能な場合もありますので問い合わせてみるといいでしょう。

利用料は無料ですから、まずは気軽に相談に行ってみてはいかがでしょうか。

ニートから就職するためにはまず行動!

ニートから就職するにはDYM就職のようなニート向け就職サイトを利用すると良いとご紹介しましたが、ニート向け就職サイトに登録したからといってどんなニートでも就職できるという訳ではありません。

ニートを脱出できない人は、ニートという肩書きが問題なのではなくて本人に問題がある場合も少なくありません。そうした人がニートから就職するには、自分自身も変えていかなくてはいけません。

ニートの就活で一番やりがちなのが、あれこれ頭で考えすぎて結局何も行動できなくなるということです。

  • この会社で働いてみたい → 難しそうだから自分には無理っぽい
  • この仕事楽しそう → つぶしがきかないから別の仕事の方がいいかも
  • ここなら採用してくれそう → ブラックっぽいから嫌だ

など、何だかんだ理由を付けて結局何もしない人がすごく多いです。

せっかく就職するなら給料が良いとか残業無しなど条件の良い会社を選びたいのは分かるのですが、そんなことを言っていたらいつまで経っても決まりません。

全ての希望を叶える求人を待ち続けるのではなく、絶対に譲れない条件は満たしている求人から選ぶという妥協も必要です。

ニート歴は長くなるほど就職も不利になってきますから、まずは就職することが大事です。それに、「ここは絶対譲れない!」ということ以外の条件には案外目を瞑れるものです。

また、ニートの方にはやったこともない仕事なのにあれは嫌、これも嫌と想像で選り好みしてしまう人も多いです。

経験のない仕事に対しても周りの働いた事がある人から話を聞いたり、また今はネットであらゆる情報を調べられるので、体験談や評判はいくらでも聞くことができます。

そうして得た情報から、「営業は絶対自分に向いてない」「介護はキツそうだから無理」と鼻から否定してしまうんですね。

しかし、他人の感想が必ずしも自分にも当てはまるとは限りません。実は自分には向いていた、やってみたら意外と楽しかったという事だってあるんです。

ですから何でもかんでも頭ごなしに否定して動けなくなっているニートの方は、とりあえず失敗を恐れずに色々なことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

失敗したらすべてが終わる訳でもないですし、ダメだったらまた次に行けばいいんです。このまま現状維持で10年、20年とニートを続けるよりはよっぽどマシです。

「とりあえずやってみる」の気持ちでもっとフットワークを軽くしてみてください。

きっとニートの方の多くは、就職したいけどその第一歩がなかなか踏み出せないだけなんだと思います。

そういった方は最初の一歩さえ踏み出せばどんどん行動に移せるようになるはずですから、ぜひ頑張ってみてくださいね。



キーワード