空白期間が長い女性ニート
高卒 女性向け就職サイト > 女性高卒ニートの就職 > 空白期間が長い女性ニートの就職

空白期間が長い女性ニートの就職


ニートの就職が難しい理由

今現在ニートとして働かずにいる女性は、将来の事を考えると不安になってくるのではないでしょうか。

このまま20代をニートのまま過ごしてしまうと、30代になれば状況はさらに悪化してしまいます。ですから先の事を考えるならできるだけ早いうちにニートを脱出するべきです。

ですがニートからの就職となると、難しそう、無理っぽいとネガティブなことばかり思い浮かべてしまい、なかなか第一歩が踏み出せない方も多いと思います。

それは「ニートの就職は難しい」「ニートは就職で不利」という考えがあるからですよね。

ニートが就職で不利になってしまう最大の理由は、ニートは採用担当者からの印象が悪いからです。

「ニート」という肩書きを履歴書や職務経歴書に書くことはないと思うので、ニート期間はただの無職期間、つまり空白期間という扱いになります。

なので厳密にいうとニートの印象が悪いというよりは、空白期間が長い人の印象が悪いという事になるでしょうか。

空白期間に何をしていたのかは応募者の自己申告でしか分かりませんから、

  • 資格勉強をしていた
  • 病気療養中だった
  • 親の介護をしていた

などもっともらしい理由を言えばニートだったことを隠すことは可能でしょう。

ただ、ニート期間というのは長くなりがちです。1ヶ月~3か月程度の期間なら何とでもなりそうですが、半年、1年、3年と長期間に渡ってニート生活を送っている人も少なくないですよね。中には5年以上、さらには10年以上もニートだったという人もいるでしょう。

こうなるとすべての空白期間をを正当化するのは難しくなってきますから、結局は「無職で働いていない時期が長期間あった」という事実が浮き彫りになってしまいます。

空白期間が長いと不利になるのはどうして?

ではどうして空白期間(ブランク期間)が長いと印象が悪くなってしまうのでしょうか。それにはいくつかの理由があります。

働く意欲がないのかと思われる

長い間バイトもせずひたすら無職生活を送っていたとなると、「働くのが嫌なのかな」「今も本当は就職したくないんじゃないかな」と思われがちです。

採用するなら働く意欲が高い人を採用したいと思うのが当然ですよね。働く意欲が低い人を採用してもやる気がなく生産性が低そうだし、すぐ辞められるリスクも高いのでそんな人はあまり採用したくない…となってしまうんです。

社会性がないと思われる

空白期間が長ければ、やはりニートや引きこもりだったんじゃないかと疑われます。そしてもしそうなら「社会にうまく適合できないから定職に就いてないんじゃないか」とまで思われることもあります。

実際、ニートや引きこもりにはそういう理由で働けない人もいますよね。

  • 人と上手くコミュニケーションがとれない
  • 電話が怖くて出られない
  • ストレス耐性がなくすぐキレる
  • 敬語が使えない
  • 社会常識が通用しない

こういった社会性のないタイプかもしれないとなれば、当然印象は悪くなります。

どこの会社も採用しない=能力が低いと思われる

ただ怠けてニートをしていた訳ではなく、空白期間中はずっと就活をしていたという説明をしたとします。しかしそれが3か月~半年程度であればいいのですが、1年以上、3年以上の場合にはどう思われるでしょうか。

「そんなに長い期間就職活動していたのにも関わらず未だに就職先が決まっていないということは、それだけどこの会社も採用したがらない、市場価値の低い人材なんだろうか」

こう捉えられてしまうこともあります。

乱れた生活を正せるのか心配

ニートの方は普段の自分の生活を思い浮かべていただきたいのですが、無職で何もせずに生活している時って生活が乱れてきますよね。

夜遅くまで起きていて明け方近くに寝て、昼過ぎ~夕方に起きてまた夜更かしして…なんて完全な夜型生活になってしまっている人も多いでしょう。

そうなると、いざ就職して朝6時起きの生活になってもすぐには適応できないんですよね。そうなると頻繁に遅刻したりして会社に迷惑を掛けてしまいます。

また社会人になれば仕事に支障がでないようにプライベートでも行動を制限できるものです。例えば次の日も仕事なら遅くまで夜遊びしたり深酒したりすることは控えるはずです。

ですが長年自由に生きてきたニートの場合、こうした考えが抜けているんですよね。そのため平日に徹夜でゲームした挙句仕事中に何度もミスをして「社会人としての自覚がない!」なんて言われたりします。

このようにニート歴が長く生活が乱れた人は、採用した後ちゃんと働けるのか不安に思われてしまいます。

社会経験が少ない

長い空白期間があるということは、その空白期間の間ずっと正社員として働いてきた同じ歳の人に比べて社会経験、就業経験が少ないという事になります。

正社員で働いていると色々と成長できます。その仕事に関するスキル・知識が身に付くのはもちろん、社会人としての一般常識やマナー、心構えなど、学べることは多いです。非正規雇用(バイト、契約社員、派遣など)でも正社員ほどではありませんが、働くことで得られるものはあります。

つまり長い間無職だった人は、無職の期間分そうした社会人としてのスキルを学ぶ機会を失っていることになります。そのため空白期間が長く社会経験が少ない人は、どこかズレていたり常識が無くて扱いにくいと思われがちです。

病気なら業務に支障が出ないのか心配

長い空白期間は病気のせいだという場合もあるでしょう。もしくはニートだった事を隠すために病気だったと嘘をついた場合もですね。

そのように働けなかった理由を病気のせいにした場合、「病気ならしょうがない」と納得してもらえる反面、「じゃあ就職した後も病気のせいでまともに働けないんじゃないか」とも思われてしまいます。

特に仕事のストレスがきっかけで発症したうつ病の場合、また仕事が原因で再発や悪化してすぐに休職したり退職するリスクがあるため、どうしても採用には消極的になります。

空白期間があっても就職するには

では空白期間が長いニート女性はどうやって就活すればいいのでしょうか。

長い空白期間が不利になるというのは先ほどまでの説明で理解していただけたと思います。そして長い空白期間を嘘の理由でごまかすには限度があります。

それであれば、最初から長い空白期間があっても前向きに採用を考えてくれる企業を選んだ方が良いです。要は職歴をあまり気にしない企業ですね。

企業が人を採用するには様々な目的があります。辞めた人の穴埋めだったり、事業拡大による増員など。そしてどんな人を求めているかも会社ごとに違います。

一般的には中途採用では即戦力を求められることが多いのですが、中には即戦力よりも若さ・やる気・伸びしろといった部分を重視する企業も少なくないんです。

そうしたポテンシャルに期待してくれる企業ならその職種の経験が無くても歓迎してくれますし、空白期間があっても就職のチャンスを与えてくれるんです。

そんな話を聞くと「そんな会社なんてあるの?」と思われるかもしれませんが、あります。

ただしそうした会社はやる気、そして若さを求めていますから、20代以下じゃないと厳しいですね。特に有利になるのは20代前半ですが、20代後半なら頑張り次第で充分就職できます。

高卒ニートなら早くて18歳から学生ではなくなっていますから、卒業と同時にニートになったとしても5年後にはまだ23歳です。若さという面では高卒の人はむしろ大卒より有利になりますよ。

空白期間が長い人が就職するには若いうちが勝負ですから、ぜひ20代のうちにそうした会社に巡り合えるように頑張って就活しましょう。

空白期間が長くても採用してくれる企業を探すには

  • 空白期間があっても大丈夫
  • 未経験OK
  • ニートでもポテンシャル採用してくれる

空白期間が長いニートの方はこうした企業からの求人を見つけることができればいいのですが、それを自分で探し当てるのは大変ですよね。求人票からだけでは判断できない部分もあるし、そもそもそうした求人自体少ないです。

ですからそうしたニートの方が就活する際には、20代のフリーター・ニート向けの就職支援サービスを利用してみてください。

  • DYM就職
  • ハタラクティブ
  • 就職shop

これらは20代のフリーター・第二新卒・既卒・ニートを対象とした就職支援サービスです。

先ほど挙げたような求人はこうした就職支援サービスに集まっています。そのため登録すれば自分で求人検索しなくても、自分に合った求人を紹介してもらえるんです。

さらに上記のサービスの中だと、DYM就職と就職shopは書類選考なしで面接までセッティングしてもらえます。

空白期間が長いと書類選考の段階で落とされることも多いんですよね。しかし書類選考が無いならそんな心配もいりません。まさに空白期間が長いニートにとっては好都合です。

こうした就職支援サービスに登録すれば、求人紹介だけでなくカウンセリングや面接対策などの就活サポートも受けられるようになります。もちろんすべて無料です。

空白期間があると履歴書の書き方や面接での受け答えでどうしたらいいのか悩むと思います。ですからプロからアドバイスを受けられるのは心強いですよ。

自分一人で就活するには限界を感じる、ニートから就職できるのか不安という方は、ぜひこうした20代ニートに対応した就職支援サービスを活用してみてくださいね。



キーワード