女性が長く働きやすい会社

女性が長く働きやすい会社の特徴


女性が長く働ける会社の特徴とは

高卒女性が就職を目指す場合にも、やはり女性が長く働きやすい会社を希望される方は多いと思います。

女性が正社員として働く場合、結婚・出産後の仕事についても考える方は多いでしょう。

女性にとっては大きなライフイベントとなる結婚・出産ですが、子育てをしながら今まで通り仕事を続けるのは難しいです。(家族からのサポート次第ともいえます)

産休・育休のあとそれまで通りに仕事に復帰することが出来るかどうか、復帰後は時短勤務やせめて残業無しで帰宅できるなど、子育てしながら働きやすいことが職場選びとして重要になります。

今回、せっかくフリーターから正社員として就職できたとしても女性が働きにくい職場、会社だと嫌ですよね。

ここではフリーター女性の就活にもあてはまる、女性が長く働きやすい会社の特徴についてご紹介しています。

女性が働きやすい会社の特徴

一般的に考えられる、女性が長く働きやすい会社の特徴としては次のようなものがあります。

就職活動をされている女性フリーターの方はぜひこうした職場選びも考えながら、求人をお探しになってみてはと思います。

高卒 女性フリーターおすすめ就職サイトなどを活用するときにも、職場の情報として聞いてみることをオススメします。

女性社員の比率として、育児中・育児経験のある女性が多い

女性が長く働きやすい職場の特徴として、やはり育児中の女性、育児経験のある女性が多い職場が挙げられます。

子育てと仕事を両立させるには、

職場の理解

が欠かせません。

子供が生まれた後から幼稚園の年長さん、小学生になるくらいまでは病気が多いお子さんも多いです。

保育園に通い始めたら、急な発熱、風邪をひくことが増えて・・・といったことはとても多いです。

子供の急な熱、保育園や幼稚園からの急なお迎え電話など、ママは急に仕事を休んだり早退をしなくてはならないことが結構な頻度で起こります。

私も経験がありますが、

「今週はあまり会社に行けなくて同僚に申し訳ないな・・・」

というくらいに子供の体調が悪く欠勤(有給を使わせてもらったり)、早退が続く時期もあります。

両親が近くに住んでいたとしても、子供が病気の時にもいつも預けるのは難しいですよね。

それに両親が近くに住んでいない場合には、やはりママが主体になって子供の看病をすると思います。

こうした時、子育てに理解のある職場でなければ、仕事を続けるのは非常に厳しいです。

そして子育てに理解があるのは、実際に子育てを経験した女性が多くいる職場です。

子育ての大変さは、言い方は厳しいですが「実際に育児を経験した人でないと分かりません」。

育児中、育児を経験した女性が多い職場は、子育ての大変さが身に染みてわかっていますから、サポートしてもらいやすい環境にあることが多いです。

まだ少ないかもしれませんが、子育てに理解のある男性上司がいる職場もあります。

長く働くことを考えて職場選びをしたい場合には、育児中・育児経験のある女性が多い会社を選ぶことも重要です。

産休・育休から復帰した女性社員が多い職場

制度として、産休・育休がある会社は多いです。

しかし、気をつけたいのは、

「産休・育休がちゃんと利用されているか」

「育休明けに復帰した女性社員がいるか」

「その女性社員は子育てをしながら仕事を続けているのか」

といったことです。

名ばかりの制度で、実際に利用されていない企業も実は多いんですよね。

会社の環境として、女性社員が産休・育休を取って復帰するまで待つのが厳しい場合があります。

そうなると、育休明けに復帰したいと思っても難しい・・・退職するしかないのかな、といった流れになることも考えられます。

産休・育休制度あり、とする企業はとても多いのですが、実際に「産休・育休がちゃんと利用されていて、復帰して子育てと両立して働くママ」がいるかどうかが重要になります。

育児経験のある管理職がいる

就職支援サイト、転職エージェントなどを利用する際、「子育てに理解のある職場」ということで情報収集をお願いする事も出来ますが、その際に育児経験のある管理職がいるかどうか、を確認してもらうのもおすすめです。

先ほども書きましたが、

子育ての大変さは、実際に育児を経験した人でなければ分からない

といえます。

時に倒れそうになるくらいに疲れる子育て。
(実際、疲労が溜まりすぎて倒れてしまうママもいます)

それに子供の病気のサインを見逃すと時に重大な病気に対しての初動が遅れてしまうことがあります。

早めの小児科への受診が生死を分けることも実際あるんです。

発熱、嘔吐、下痢などお子さんの体調が悪い時は、早退しやすいこと、休みが取りやすいこと。

やはりそうした場合、育児経験のある管理職がいると理解してもらういやすいです。

最近では男性も育児経験ありの人が増えてきていますから、管理職になっていることも増えつつあります。

女性管理職が少ないから育児に理解が無い職場・・・とは言い切れません。

男性の管理職であっても子育てに理解がある職場はありますので、そうしたことも出来れば確認されてみてはいかがでしょうか。

残業が無い職場

子育て中の女性にとって、残業が無いことも重要です。

保育園のお迎えにいつも遅れてしまう、預かり時間を超えてしまう・・・といった働き方になると、大きなストレスになります。

保育園の延長料金も発生します。

保育料が高いと、

「私、なんのために働いているんだろう?」

と思うくらいお金が出ていってしまいます。

また残業があると、帰宅してからの家事・育児のスケジュールもずれ込んでしまうんです。

残業があって生活リズムが崩れると、これがまた大変なんですよね・・・。

仕事が終わって子供を保育園に迎えに行ってからの方が忙しくて大変!
なのに残業があって帰宅が遅くなってしまうと、寝かしつけまで全てを急がなくてはなりません。

本当に大変です・・・
ワンオペ育児だと、本当に限界を迎えるかもしれません。

また他の人がいつも残業しているのに、一人だけ定時で常に帰宅するといったことも肩身が狭い思いをしてしまうものです。

職場が全体として残業が少ない、といったことも就活の際の職場選びの基準にしてみてはと思います。

チームで働く仕事(他の人がカバーしやすい仕事体制である)

「その人が休むと仕事が回らない・・・」

といったことは実際あると思いますが、子育て中の女性がそうしたポジションにあるととても困ります。

子供の急な病気などで休みがどうしても発生するものですからね。

チームで仕事を進める場合、情報共有が上手く出来ていればカバーがしやすくなります。

必要な情報さえアップされていれば、他のメンバーが仕事を進めることが出来るような仕組み作りがされていると働きやすいですね。

女性が長く働きやすい会社を見つけるには

これから脱フリーター、正社員就職を目指す女性フリーターの方も多いと思います。

せっかく正社員として働くのだから、出来れば女性が長く働ける会社に就職したい、という方も多いのではないでしょうか。

女性が長く働きやすい会社を見つける方法

女性が長く働いている会社、子育てに理解のある職場などを見つけるには情報収集が大切です。

女性が多く働く職場、子育てに理解のある上司、職場の雰囲気、育児休暇明けに復帰した女性社員が多いかどうか、などは求人情報からは分からない事も多いですよね。

そうした場合、会社の採用担当者に直接問い合わせをする方法もありますし、

高卒 女性フリーターおすすめ就職サイトなどを活用し、就活をサポートしてくれる担当者に確認を依頼してみる方法もあります。

フリーター女性は通常の就職活動では苦戦する事が多いので、こうしたフリーター就職支援サイトを利用した方が内定をもらいやすいかもしれませんね。

中小企業であっても女性が働きやすい職場作りに力をいれているところは多いです。

そうした企業でフリーター歓迎の会社からの求人を見つけられると良いですね。

正社員になるにはまずは情報収集が大切です。

フリーター向け就職支援サイトはその一つの方法としてオススメです。



キーワード