フリーターから正社員就職
高卒 女性向け就職サイト > 女性高卒フリーターの就職 > 女性高卒フリーターから正社員へ

女性高卒フリーターから正社員へ


フリーターが就職するのは大変…

現在フリーターをしている高卒女性の方は、新卒で就職した会社を辞めてからそのままフリーターになった、もしくは高校を卒業してそのままフリーターになった方が大半だと思います。

一度フリーターになってしまうと、そこから抜け出すのは大変です。バイト経験しかないとなおさらですね。

フリーターから正社員就職を目指して就活に取り組んでいる方は、その大変さを痛感しているのではないでしょうか。

高卒より大卒の方が就職に有利な理由

フリーターから就職するのも簡単ではないのに、これが高卒フリーターとなればなおのこと就職難易度はアップします。何故なら高卒は大卒より就職に不利になるからです。

大卒といっても当然東大とFラン大学では採用担当者からの評価は全く違いますから、大卒だからといって全員が就職に有利になるとは限りません。学歴フィルターなんて言葉もあるくらいですからね。

しかし大学のランクによる評価の差は置いておいて、大学を卒業した人は「大卒」という肩書きを手にすることが出来ます。これによって少なくとも高卒の人よりは有利に就活を進めることができるようになるんです。

どう有利になるかというと、大卒だと応募できる企業の数が大幅にアップします。逆に言えば、高卒は応募できる求人が限られているんですね。

大半の求人には応募条件があります。そしてこの応募条件に多いのが、「大卒以上」という条件です。大卒以上に設定されてしまうと、中卒・高卒・専門卒・短大卒の人は応募することができません。せっかく良さそうな求人を見つけても、大卒以上という条件がある以上、高卒の人は応募すらできないんです。

応募できる求人の選択肢は多い方が有利に決まっていますよね。そういった意味で、高卒は大卒より就職に不利と言えるのです。

高卒フリーターが就職するためのポイント

このように大卒よりも就職に不利になる高卒フリーター。しかし、高卒フリーターから就職に成功して安定した正社員生活を送っている人もたくさんいます。

では高卒フリーターが就職するにはどうしたらいいのでしょうか。就職するためのポイントやおすすめの就活法をご紹介します。

高望みしすぎない

これを言ってしまうとやる気を削いでしまいそうですが、高卒でしかもフリーターから就職する場合、いきなり大企業・一流企業に就職するのは無理です。

一流企業ほど一流大学出身者の占める割合が高くなります。大卒ですらみんな苦戦していますから、高卒ではまず太刀打ちできません。中途採用では職歴や経歴、スキルも重要になるのでよほどの経歴の持ち主であれば高卒でもいけるかもしれませんが、フリーターではそれも…ですよね。

「就職するなら誰でも知ってる有名な会社がいい」
「給料が高くて待遇も良い大企業に勤めたい」
「中小企業で働くのは何か嫌だ」

という気持ちも分かりますが、高望みしすぎるといつまで経っても就職できません。中小企業でも優良企業はたくさんありますから、まずは色んな求人に目を向けてみることが大切です。

それに就職して経験を積めば、何度かのキャリアアップ転職を経て最終的に希望の一流企業へ転職することもできるかもしれません。優秀な人材にはそれなりの道が拓けます。

ですからまずは「正社員就職すること」を目標にしましょう。

バイト先で正社員登用してもらう

とりあえず正社員になりたいのなら、今のアルバイト先で正社員にしてもらうのが一番手っ取り早い方法かもしれません。

バイトの求人に「正社員登用制度あり」と書かれていたとしたら正社員になれるチャンスがあります。もし分からなければ店長や上司に確認してみるといいでしょう。

バイト先で正社員になるメリットは、事前に職場の環境や仕事内容を把握できるという点です。

知らない会社に就職するのと違って、ずっと働いてきた職場なら社内の人間関係や内部事情なんかも色々分かっていますよね。それにバイト時代から社員の働きぶりも見ているでしょうから、自分が社員になって働く姿も想像しやすいと思います。

人間関係も慣れ親しんだ仲間達とそのまま働き続けることができるので安心です。新しい職場で働く際には人間関係が一番心配という人も多いですから、これは大きなメリットですね。

また仕事内容は正社員になればやる事が増えて大変にはなりますが、基本はバイト時代に身に付けています。ですからゼロから覚えるよりは確実に楽だと思います。

デメリットは必ずしも社員になれるとは限らないことと、業種も限られてくることでしょうか。

正社員登用制度が無くてバイトから社員になった実績がない職場だと正社員になるのは難しいでしょうし、正社員登用ありと言いつつも何だかんだでなかなか社員にしてくれない悪質な会社もあります。

また正社員登用制度があるからといっても、そもそも正社員になれるだけの実力がないとダメです。バイトで頑張りを認められた人、高い能力を持っていると評価してもらえた人じゃないと声を掛けてはもらえません。ある程度の勤務期間も必要ですね。

そして業種はどうしても販売・飲食・サービス系が多くなります。バイトを募集していなさそうな仕事で働きたい場合はやはり一から正社員求人に応募するしかないです。

フリーター向けの就職支援サービスを活用する

バイト先での就職は考えていない場合は、就職支援サービスを使って就職先を探すのがおすすめです。

20代の方であれば20代専門のフリーター・第二新卒・既卒向けの就職支援サービスが利用できます。大学中退やニートでも利用できます。

就職支援サービス・転職エージェントは色々ありますが、20代フリーター向けの特徴は未経験OKの求人を数多く取り扱っている事です。

未経験可の求人を出す企業というのは即戦力を期待していません。それよりも若くてやる気のある人材を求めています。そしてそうした企業は学歴もさほど気にしない所が多いんですよね。

なので高卒フリーターや大学中退フリーター、既卒、ニートでも採用してもらえる可能性が高くなるんです。実際こうしたサービスでは就職成功率の高さを謳った所が多くなっています。

登録者は求人紹介だけでなく、履歴書の添削や面接対策などの就活サポートも受けられるようになります。就活慣れしていない高卒女性にとってはありがたいですね。

こうした就職支援サービスは無料で登録・利用できますから、就活の際はぜひ活用することをおすすめします。

周りと比べて劣等感を感じてしまう高卒女性フリーターへ

高卒でしかもフリーターとなると、同世代の大卒で正社員就職している友人達と比べて劣等感を感じてしまうこともあるかもしれません。

そうした劣等感が自信の無さに繋がり、「自分なんかどうせ就活したって採用してくれる所なんかない」と自暴自棄に陥ってしまう人もいるでしょう。

しかし高卒フリーターでも諦めなければ就職先はきっと見つかります。ましてや20代前半ならまだまだチャンスはありますから、諦めるのは早すぎます。

30代になってからの脱フリーターは大変ですから、ぜひ20代のうちに頑張って正社員就職を実現させましょう。



キーワード