20代高卒女性フリーター
高卒 女性フリーター おすすめ職種・就職方法 > 女性高卒フリーターの就職 > 高卒 フリーター女性が20代のうちに脱出するには

高卒 フリーター女性が20代のうちに脱出するには


20代後半になってもフリーターなのは辛い…

高卒で現在フリーターをしているという20代女性の方の中には、何とか30歳までにはフリーターを脱出したいと思っている方も多いと思います。

フリーター生活は若いうちはいいですが、歳をとるにつれてどんどん苦しくなってきますよね。

  • 親から「早く就職しなさい」と急かされる
  • 周りの友達がどんどん結婚もしくは出世していくので、自分だけ取り残された気持ちになる
  • 給料が少ないのでその日暮らしになり、全然貯金できない
  • 将来の事を考えるとものすごく不安になる
  • 世間体が悪く結婚が遠のく

など、金銭面・キャリア面・プライベート面と様々な方面で支障が出てきます。

18歳~20代前半くらいの頃は周りの人達はまだ学生だったりフリーターの人も多いので、フリーターの給料でも特に困ることはありません。この頃は実家暮らしの人も多いですしね。

それにこれくらいの年齢なら本気で就活すれば就職先はいくらでも見つかりますし、選り好みしなければフリーターから正社員に就職することもさほど苦労しません。

そういったこともあって、

「本気で就職しようと思えばいつでもできるし、今はまだフリーターのままでいいや」

という気持ちから何となくフリーターを続けていたという方も多いかもしれません。

しかし、20代も中盤になってくると周りは正社員で働く人達が増えてきます。大学生だった子達は新卒で就職し、フリーター仲間も徐々に定職に就いていきます。

そして正社員になるとフリーターとは生活スタイルも金銭感覚も合わなくなってくるので、これまで一緒に遊んできた友人達とも徐々に会う頻度が少なくなってきます。

この頃からいつまでもフリーターでいることに対して焦りや劣等感を感じて、何となく肩身の狭い思いをするようになってくるでしょう。

また20代後半にかけて結婚をする人が一気に増えますが、結婚するにしてもフリーターが足かせとなって上手くいかないことも出てくると思います。

今は昔と違って女性でも定職に就くことが重要視されるようになってきましたから、女だからといってフリーターでも許されるということはないんです。

もし相手の男性がフリーターでもいいよと言ってくれたとしても、彼のご両親が許してくれない可能性だってあります。結婚は二人だけの問題ではないのでこれは軽視できませんよね。

ということで、27歳、28歳、29歳と20代後半になってくるにつれ、ほとんどのフリーター女性は就職したい!という気持ちが強くなるのではないでしょうか。

そしてそこで一つの目標として、20代のうちに就職したいと考えている方も多いかと思います。

30歳までに正社員就職するにはどうしたらいい?

では20代のうちにフリーターを卒業して正社員になるにはどうしたらいいのでしょうか。

当然ながら今からすべきことは就職活動なのですが、フリーターから正社員就職するには就活の方法にコツがあります。具体的に言うと、求人の選び方にいくつかコツがあるんです。

そこで、正社員を目指す20代高卒フリーターが就活する際の企業選びのポイントをご紹介します。

20代高卒フリーターの就活における企業選びのポイント

職歴重視ではない企業を探す

そもそも20代という時点で職歴は多くないのが普通なのですが、フリーターの場合は特に職歴が少ない方が多いと思います。

高校卒業後に新卒で就職した1社だけ、もしくは既卒でフリーターになったので正社員経験が全くないという方も珍しくないでしょう。

しかし中途採用では職歴が重視されて経験者が有利になることが多いので、そうなると職歴が少ないフリーターは不利になってしまいます。

そのため職歴が少ない、もしくは職歴ゼロというフリーターの方は、未経験でもOKという過去の職歴を問わない企業を選ぶのがポイントになります。

そういった企業であれば経験無しの分野にもチャレンジできますし、フリーターだからといって無条件で落とされるようなことも無くなります。

就職先の間口を広げるためにも、フリーターからの就職では未経験OKの求人を狙うというのが最も重要になります。

20代歓迎の企業を狙う

多くの企業では若手の人材を求めています。新卒のニーズが高いのはそのためですね。

しかし若手といっても必ずしも新卒の18歳、20歳、22歳ばかりが求められている訳でもなく、第二新卒や既卒も企業からのニーズは高いんです。

特に最近は新卒者を採用できずに困っている企業が増えていますから、その代わりとして第二新卒のニーズがとても高くなっていますね。

ただ第二新卒というと大体が25歳くらいまでになってしまいますが、それ以上の年齢でもまだまだ大丈夫です。

25歳以下の人と比べると28歳、29歳といった20代後半の人は「もう若くない」と思ってしまうかもしれませんが、社会全体から見れば20代というだけでまだまだ若手の部類に入りますから、29歳でも若手の人材として採用を考えてくれる会社はあります。

ですから20代のうちはその年齢を武器に積極的に就活していくことが成功のカギとなります。

高卒OKの求人を探す

求人の中には「大卒以上」などの最終学歴で線引きされている求人もあります。そうなると高卒の方は応募できない求人も出てきます。

もしかすると交渉次第では高卒でも大卒以上の求人に応募できることもありますが、そうした求人を個人で探し出すのは大変ですし、やはり基本的には求人票に記載があればそれに従うのが一般的です。

そのため高卒の方だと「高卒以上」もしくは「学歴不問」という求人を探す必要があります。

20代高卒女性フリーターにおすすめの就職支援サービス

このように、20代高卒フリーターの就活では

  • 職歴問わず
  • 20代歓迎
  • 高卒OK

の求人を探すことが就活成功のポイントとなります。

ですが、一般的な求人サイトや転職エージェントなどでこれらの条件で絞って求人を探すのは思ったより大変です。未経験可の求人数が少なかったり、高卒というだけでほとんど紹介を受けられない場合もあります。

そのためより効率的に探すことができ、なおかつ選択肢を増やすためには、上記の条件を満たす求人が集まる場所で探すことが重要になります。

20代高卒フリーター向けの求人が集まるところといえば、20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの就職支援サービスです。

今回はその中でも特に20代高卒フリーターにおすすめしたい、DYM就職をご紹介します。

DYM就職

DYM就職

DYM就職は20代のフリーター・第二新卒・既卒・ニートといった人向けの就職支援サービスです。20代向けといっても、厳密には学生でない18歳~35歳までの人が利用できます。

DYM就職では就職経験の少ない方や社会人経験ゼロの方であっても就職できる、未経験OKの求人を豊富に扱っています。

これまでの職歴よりも、その人の人柄ややる気を評価してくれる理解のある企業が集まっているんです。

実際に、DYM就職では書類選考というものはありません。DYM就職が採用担当者や企業の社長と直接交渉してくれて、書類選考無しで面接を受けさせてもらえます。

職歴が少なかったり、すぐに離職してしまった経歴があると、なかなか書類選考が通らないということはよくありますよね。そうした方こそ書類選考無しというメリットは大きいのではないでしょうか。

また未経験OKの求人というのはだいたいが若手を求めています。一から教育して育てたいと思うから未経験の人材を募集するのであって、そしてそれには若い人の方が素直で伸びしろもあるので向いているんですね。

ですから20代という年齢であればフリーターでもニートでもまだまだ需要はあります。DYMにはそんな求人が集まっているんです。

そして学歴に関しても、高卒OKや学歴不問の求人も数多く扱っています。人物重視の求人が多いからこそ学歴もあまり気にしないという企業が多いんですね。

さらに、DYM就職に登録すれば単に求人紹介を受けられるだけでなく、エージェントが色々と就活をサポートしてくれます。

面接対策や面接日の調整などをはじめ、分からないことがあったらすぐに相談できるなど、精神面でも心強いパートナーとなってくれます。

こうしたエージェントによる就活サポートを受けられるというのも、就職支援サービスを利用する大きなメリットとなります。

現在、DYM就職は

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡
  • 札幌

に拠点があります。その他の地域の求人の取り扱いもあるようなので、まずは相談してみるといいでしょう。

時期により上記の拠点以外のエリア、金沢、京都、神戸、岡山、広島、熊本などでも就職支援サービスを利用出来ます。

DYM就職は登録・利用共に無料ですから、正社員を目指す方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

⇒ DYM就職

ハタラクティブ

女性フリーターおすすめ就職サイトはいくつかありますが、応募者の経歴を問わず利用出来るのがハタラクティブです。

未経験者歓迎の求人が常時2,300件以上あり、人柄重視での採用を行う企業ばかりということで高卒フリーター、ニートの方も多く正社員就職に成功しています。

ハタラクティブでは幅広く求人を取り扱っており、女性に人気の高い事務職も多くはありませんが求人を探すことが出来ます。

他には、

  • ITエンジニア
  • 接客・販売
  • 営業

といった職種が求人の割合は多めとなっています。

WEBデザイナー、プログラマー、インフラエンジニアなどIT業界をへの就職を目指す方も、東京都を中心に探してみてはいかがでしょうか。

東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡

に拠点があります。

⇒ ハタラクティブ

高卒女性フリーターは結婚や就職に不利なの?

高卒女性フリーターは色々不利?
高卒後、フリーター生活が長くなってくると色々と考えることもあると思います。

仕事や結婚など将来のこと
さらに先の老後、親の介護のことなど。

高卒女性フリーターは年齢を重ねる度に色々なことが不利になってくると言えます。

高卒フリーター女性は結婚に不利?

フリーター女性は結婚に不利、とも言われます。

今は共働きの経済力が前提になっている結婚生活のため、結婚相手にも正社員であることを求める男性が多いことは理由に挙げられます。

要は一人の稼ぎでは生活が苦しい・・・ということです。

フリーターから結婚してパート、ということになりますが最初から扶養家族、ということではなく稼げる時には二馬力で稼いで貯蓄、その後も子育てを挟んだとしても正社員として仕事が続けられる環境にあると良い、ということはあるでしょう。

子供たちの学費、老後の貯金、突発的な出費に耐えるのは、よほど高年収の男性でないと難しいです。
家計が破綻してしまいます。

高卒後、フリーター、パートとして正社員経験の無い女性が40代で正社員として就職するのは困難です。

将来のことも考えて、結婚相手にも正社員であることを求めたい、という男性は多いといえます。

自分が働いて十分養えるから専業主婦で良いよ!
という男性は今はほとんどいないでしょう・・・。

確かに、高校の時の友達でフリーターの時に結婚した女友達はいません

みんな、正社員として働いている時に結婚しています。

フリーター女性はそもそも出会いの場が意外とありません。

バイト先はフリーター、学生バイトばかり。
合コンもフリーターが中心。

主催者に合わせた参加者になりますので、フリーターは正社員の男性とあまり出会う機会が無いというのもありそうですね。

婚活をしたことがある、という女性も中にはいるのですが、話を聞くと正社員の男性はフリーター女性のところにはあまり来てくれないのだそうです。
暇だった・・・と言っていました。

女性フリーターは結婚を考えると、確かに不利と言えます。

高卒フリーター女性は就職に不利?

就職が決まらない女性
フリーターの将来は暗いです。

下手をすると20代で正社員になれず、30代、40代とフリーターでいる可能性があります。
そうなると、女性フリーターは詰む可能性が高いです。
(男性フリーターも中年になると厳しいですが・・・)

先ほどもありましたが、女性フリーターは若くても結婚に不利といえます。
年齢がさらに上がると、一般的にも結婚は難しくなってくるといえます。

年齢が上がるに連れて、さらに出会いも少なくなりますし結婚してフリーター生活から脱出、といったことは難しくなりますね・・・。

学歴コンプレックスを持つ方も中にはいると思うのですが、高卒だから就職できないといったことはありません。

大卒が絶対条件の求人はそこまで多くはないです。

重要なのは脱フリーター、就活の方法

高卒可、フリーター歓迎、未経験者歓迎の求人は人手不足の状況もあり増えています。

重要なのは脱フリーターのための就職活動の方法です。

どこで女性フリーター歓迎、職歴なし女性も積極的に採用を考えてくれる企業からの求人を見つけるか、といったことになります。

高卒可、大学中退可といったフリーター向け求人を見つける方法として、

20代高卒女性フリーターにおすすめの就職支援サービス

を先ほどご紹介しました。

女性フリーターの就職におすすめの職種、ITエンジニア、販売・接客、事務職などの求人が多くある就職支援サービスです。

ハタラクティブやジェイックなど29歳までのサポートが多いですが、中にはDYM就職のように30代前半までOKの就職支援サービスもあります。

まずは相談から就活を始めてみてはいかがでしょうか?

女性フリーターから就職に成功した事例が多数あります。

30代になる前に!20代のうちにフリーターを卒業しよう

フリーターから抜け出したいなら20代のうちが勝負です。

男性も女性フリーターも20代が正社員として就職しやすいのは同様です。

正直なところ、実家暮らしならフリーターの給料でもそこそこやっていけると思います。それにバイトにも仕事のやりがいはあるし、人間関係が良好な恵まれた職場なら居心地も良くてつい長居してしまうかもしれません。

しかし、フリーターは今は良くても将来困るんです。ラクで楽しいからといって何年もバイト生活を続けていたら、あっという間に30代になってしまいます。

20代のうちならフリーター経験しかなくてもまだ企業からの需要はあったのに、職歴なしのまま30代に突入してしまえば需要は激減します。

30代でフリーターから就職するのが無理とは言いませんが、20代の頃よりハードルが高くなるのは確実です。

30代になってから「20代のうちに就職しておけば良かった…」と後悔する前に、ぜひ20代のうちに頑張っておくことを強くおすすめします。

そしてその際は、今回ご紹介したDYM就職のような就職支援サービスを活用してみてください。自分一人で就活するよりも成功率はぐんとアップすると思いますよ。

⇒ DYM就職

そろそろ就職しなきゃと思っている20代高卒フリーターの方は、今すぐにでも就職への第一歩を踏み出しましょう。



キーワード